生産工程・工場案内

「冷めてもやわらかくて旨い」羽野のひもの
「羽野のひもの」は新鮮で無添加の食品として、全国のお客様に食されております。
原料となる魚は国内はもとより世界各地からより良いものを集めて、使用しております。
そして、全国一の干物産地である沼津の伝統に基づく加工方法に加え、工場や塩汁槽等の
温度管理や各種マニュアルの作成・実行により、衛生的で品質の安定した干物を作っております。
今後も「冷めてもやわらかくて旨い干物」を作り続け、お客様に届けてまいります。
  • 1

    解凍
    THAWING
    解凍

    自然解凍と解凍機(水と泡のみ使用)の組み合わせにより、加工しやすい状態にしております。

  • 2

    ひらき加工
    PROCESS
    ひらき加工

    あじや金目鯛は腹から、カマスやさんまは背から一枚一枚丁寧に手で開いております。なお、肉厚の魚やフィレーは機械によって開いた後、手作業で処理しております。

  • 3

    味付け(塩水漬け)
    SEASON FLAVOR
    味付け

    開いた魚はよく水洗いし、塩水付けにします。塩汁槽は温度や濃度を管理し、魚種や魚体等によって漬け時間を決めております。また、緑茶の煎出液の槽も塩汁のラインに組み込んでおります。

  • 4

    乾燥
    DRY
    乾燥

    塩漬けした後、表面に付いている余分な塩分を洗い流し、干しセイロに一枚一枚並べて乾燥機に入れます。工場内の設備と同じく、温度管理をして、乾燥度合を一定にしております。

  • 5

    凍結
    FREEZE
    凍結

    乾燥が終わった干物はセイロに並べたまま、2機ある凍結庫で急速冷凍します。

  • 6

    選別
    SELECT
    選別

    凍結した干物は2階の作業場へ運び、計量と目による1次チェックを行い、トレイパックや袋詰めの準備作業に入ります。

  • 7

    パック・袋詰め
    PAKING
    パック・袋詰め

    トレイパックや袋詰めのラインは半自動で行っております。ここでは目による2次チェックを行っております。

  • 8

    最終チェック
    SHIPMENT
    最終チェック

    トレイパックと袋詰めラインには金属探知機がセットしてあります。金属探知機を通過した製品は目による3次チェックを行い、箱詰めされます。

  • 9

    出荷
    SHIPMENT
    出荷

    箱詰めされた製品は、4庫ある製品保管庫(冷凍庫)に一時保管し、全国のお客様の所に出荷されていきます。

工場のご紹介工場のご紹介
生産効率よりも、衛生管理を重視した加工場